歩きスマホは危険!証拠映像があれば安心!

最近歩きながらスマホ📱をしている人や自転車に乗りながらスマホを操作している人を狙った当たり屋が増えているという

ニュースが放送されていました。

このような事は他人事ではなく、いつ自分の身の周りで起こるか分かりません。

車に対する当たり屋の場合は車のドライブレコーダー🚗が普及してきたため以前よりは

少なくなってきているようです。

では自転車や歩きの時はどうでしょうか?

自転車に乗りながらのスマホ操作は違反行為ですのでやめた方がよさそうです。

歩きながらのスマホ操作も事故が多発しているようで死亡事故も起きています。

しかし歩きスマホをしている人はかなり多くいると思います。

スマホの画面に夢中になっていると前や周りがあまり見えていないので

人にぶつかったり、事故に遭ったりしやすくなります。

もしそのような事になった場合、自分が悪くなくてもスマホに夢中であまり覚えて

いないということもあります。自分が悪くないとはっきり言うためには証拠映像を

撮るしかないのです。

スマホ操作をしながら映像を撮るのは難しいので小型のカメラ(スパイカメラ)で

撮影することをオススメします。このような時に使えるスパイカメラにはペン型や

帽子型、メガネ型などがあります。

53.jpg
54.jpg
51.jpg

これらのカメラは超小型のカメラで撮影していることが

わからないのであらゆる状況で証拠を撮影することができます。

万が一に備えて小型カメラ(スパイカメラ)を1つ持っていてもいいかもしれません。










この記事へのコメント